LINE API Use Case

OSSとは

OSS(オープンソースソフトウェア)とは、ソースコードを無償で公開して、誰でも利用や改変、再配布ができるソフトウェアのことです。

その課題に、LINE API
USE CASE
USE CASE
AWS

テーブルオーダー

注文のために定員を呼んだり、レジに並んだりする必要なし。会計も自分のスマホで完了。注文時の都度決済にも、退店時の一括決済にも対応可能です。

詳細をみる
USE CASE
AWS

GovTech

市民の欲しい情報にあわせた情報配信、チャットボットによる「よくある問い合わせ」への即時回答、市民からの通報の受付などを可能にし、自治体のDXをサポート。

詳細をみる
LINE API
AWS

Messaging API

LINEのトークルームでユーザーと対話するボットを作成できます。LINE公式アカウントでお客様の状況をヒアリングしたり、商品販売に効果的なメッセージを送信したりしましょう。

詳細をみる
LINE API
AWS

LINEログイン

LINEアカウントの認証情報を使ってユーザーを認証できます。LINEアカウントとサードパーティアカウントを連携し、さらにMessaging APIと組み合わせて利用すると、サービスの利用状況に合わせたメッセージを、ユーザーに送信できます。

詳細をみる
LINE API
AWS

LIFF / MINI

ライフスタイルの様々なニーズに応えるウェブアプリを、LIFF / LINEミニアプリとして開発すると、LINEで動作させることができます。LINEアカウントにユーザーが登録したプロフィール情報を、ウェブアプリで利用できます。

詳細をみる
LINE API
AWS

LINE Pay

LINE Payは、LINEユーザーがLINE Pay加盟店で利用できる決済システムです。LINE Payを利用する決済の仕組みを、自社サービスに導入できます。

詳細をみる
LINE API
AWS

CLOVA Chatbot

社内問い合わせ対応などをチャットボットで実現できます。単語やキーワードに限定されず、日常の会話調による問いかけにも対応。自然な応答を実現します。

詳細をみる

FAQ

OSS(オープンソースソフトウェア)とは?

OSS(オープンソースソフトウェア)とは、ソースコードを無償で公開して、誰でも利用や改変、再配布ができるソフトウェアのことです。ソフトウェアによって制限や条件がライセンスという形で設けられており、利用者はライセンスの内容を遵守した上で利用する必要があります。

クラウドとは?

クラウドとは、サーバやストレージなどをサービスとして使用できるクラウドプラットフォームサービスの略称です。必要な都度、機器を購入して使うオンプレミスに対して、クラウドではさまざまなリソースを従量課金でサービスとして使用できます。

AWS(アマゾンウェブサービス)とは?

AWS(アマゾンウェブサービス)とは、Amazonが提供するクラウドプラットフォームサービスです。AWSにはEC2をはじめとして、200以上のサービスがあります。LINEにおけるAWSを活用した取り組みには「LINE DX Program with AWS」があります。

参考:https://aws.amazon.com/jp/what-is-aws/

Microsoft Azureとは?

Microsoft Azureとは、Microsoftが提供するクラウドプラットフォームサービスです。Microsoft Azureには200以上の製品とサービスがあり、それらを組み合わせてインフラを構築できます。
LINEにおけるマイクロソフト Azureでの取り組みは「LINE、「Microsoft Azure」のパートナーと全国のMaaSの普及拡大を支援するための共同プロジェクトを開始」や「LINE、「Microsoft Azure」のパートナー各社と小売業界のDX支援を目的とした共同プロジェクトを開始」があります。

参考:https://azure.microsoft.com/ja-jp/overview/what-is-azure/

サーバーレスとは?

サーバーレスとは、サーバーを常時稼働させておく代わりに、HTTPリクエストのようなトリガーをきっかけにコードを実行して、実行を終えたらすぐにリソースを解放するような、サーバーレスコンピューティングのことです。代表的なサーバーレスのサービスには、AWSのLambdaがあります。