LINE API Use Case

LINE Front-end Framework(LIFF)
/ LINEミニアプリ

LIFFおよびLINEミニアプリは、LINEが提供するウェブアプリケーションのプラットフォームです。このプラットフォームで動作するウェブアプリケーションを、LIFFアプリまたはLINEミニアプリと呼びます。
どちらもLINEアプリに実装されたLIFFブラウザ上で動作するウェブアプリケーションです。ウェブアプリケーションに、LINEが提供するLIFF SDKを組み込むと、LIFFアプリまたはLINEミニアプリとして動作するようになります。
LIFFアプリおよびLINEミニアプリでは、一般に使用されているウェブアプリ開発技術を利用できるので、既存の様々なサービスと組み合わせることで、素早く新しいサービスを提供できます。

LINEミニアプリの場合は、LINEによる審査および認定が必要です。

LIFFアプリとLINEミニアプリの違いは以下のとおりです。

LIFFアプリ LINEミニアプリ
動作環境 スマートフォン版LINE、および一般のブラウザ(PC版ブラウザを含む)で動作します。 スマートフォン版LINEのみで動作します。
LINEによる審査
および認定
LINEによる審査および認定は必要ありません。いつでもリリースできます。 LINEによる審査および認定が必要です。審査に通過すると、LINEアプリの[ホーム]タブや、LINEアプリが提供する検索機能に、LINEミニアプリが表示されるようになります。
Service Message
トークルーム
使用できません。 すべてのLINEミニアプリが共通で利用できるService Messageトークルームを使用できます。
LIFFアプリ LINE
ミニアプリ
動作環境
スマートフォン版LINE、および一般のブラウザ(PC版ブラウザを含む)で動作します。 スマートフォン版LINEのみで動作します。
LINEによる審査および認定
LINEによる審査および認定は必要ありません。いつでもリリースできます。 LINEによる審査および認定が必要です。審査に通過すると、LINEアプリの[ホーム]タブや、LINEアプリが提供する検索機能に、LINEミニアプリが表示されるようになります。
Service Messageトークルーム
使用できません。 すべてのLINEミニアプリが共通で利用できるService Messageトークルームを使用できます。

エンドユーザー視点でのメリット

LINE Front-end Framework(LIFF)/ LINEミニアプリ エンドユーザー視点でのメリット インストール不要で利用可能(LIFF/LINEミニアプリ)

インストール不要で利用可能(LIFF/LINEミニアプリ)

エンドユーザーは、LIFF/LINEミニアプリをスマートフォンにインストールする必要がありません。
アプリをダウンロードしたり、インストールしたりする手間を省いて、LINEアプリ上ですぐに使い始められます。

LINE Front-end Framework(LIFF)/ LINEミニアプリ エンドユーザー視点でのメリット リッチなUIが利用可能(LIFF/LINEミニアプリ)

リッチなUIが利用可能(LIFF/LINEミニアプリ)

LIFF/LINEミニアプリを使うと、LINEのトークルームやMessaging APIでは提供されていないリッチなUIを利用して、サービスをスムーズに利用できます。
たとえば、地図を表示したまま、地図に立てたピンと、その関連情報を同時に表示できるなど、リッチなUIを利用できます。

LINE Front-end Framework(LIFF)/ LINEミニアプリ エンドユーザー視点でのメリット 安心安全なアプリを利用可能(LINEミニアプリ)

安心安全なアプリを利用可能(LINEミニアプリ)

LINEが認定したLINEミニアプリだけがLINEで公開されているため、LINEミニアプリを安心して利用できます。
エンドユーザーは、LINEアプリの[ホーム]タブや、LINEアプリが提供する検索機能から、LINEミニアプリを見つけることができます。

サービス提供者視点でのメリット

LINE Front-end Framework(LIFF)/ LINEミニアプリ サービス提供者視点でのメリット LINEユーザーのプロフィール情報が取得可能(LIFF/LINEミニアプリ)

LINEユーザーのプロフィール情報が取得可能(LIFF/LINEミニアプリ)

LINEユーザーのプロフィール情報(LIFF/LINEミニアプリでユーザーを区別するためのユーザーID、ユーザーが登録している任意の表示名など)を取得できます。
IDトークンやアクセストークンを利用すれば、LIFF/LINEミニアプリ(クライアント)からサーバーにセキュアに、LINEユーザーのプロフィール情報を送信できます。

LINE Front-end Framework(LIFF)/ LINEミニアプリ サービス提供者視点でのメリット アプリをユーザーの友だちにシェア(LIFF/LINEミニアプリ)

アプリをユーザーの友だちにシェア(LIFF/LINEミニアプリ)

追加実装の必要がないデフォルトのシェアボタンを利用するだけで、友だち同士でLINEミニアプリを簡単にシェアできます。
よりよいUXを提供するために、友だち同士で追加情報をシェアさせたい場合は、シェアターゲットピッカーを利用したカスタムシェアメッセージを作成すると良いでしょう。

LINE Front-end Framework(LIFF)/ LINEミニアプリ サービス提供者視点でのメリット Service Message通知(LINEミニアプリ)

Service Message通知(LINEミニアプリ)

LINEミニアプリでは、Service Messageトークルームが解放されていることも大きな特徴です。
Service Messageトークルームは、すべてのLINEミニアプリが共通で利用できるトークルームです。レストランや宿泊施設の予約の確認通知をユーザーに送信する場合など、一定の条件を満たすメッセージをService Messageトークルームに送信できます。
Service Messageトークルームを利用することで、サービスから送信した重要なメッセージを、エンドユーザーが見逃す可能性を減らす効果が期待できます。

イメージ図

LINE Front-end Framework(LIFF)/ LINEミニアプリのイメージ図(ユーザー認証)
ユーザー認証
LIFFおよびLINEミニアプリを初期化するタイミングで、LINEプラットフォームとエンドユーザーの間で、ユーザー認証が行われます。
ユーザー認証が完了すると、サービスはアクセストークンを取得できます。アクセストークンを利用して、ユーザーを識別してください。
LINE Front-end Framework(LIFF)/ LINEミニアプリのイメージ図(ウェブアプリとして動作)
ウェブアプリとして動作
LIFFの初期化およびユーザー認証終了後は、ウェブアプリとしての動作が始まります。エンドユーザーに直接UIを表示し、エンドユーザーからのリクエストを処理してください。
LINE Front-end Framework(LIFF)/ LINEミニアプリのイメージ図(サービスメッセージ送信)
サービスメッセージ送信
LINEミニアプリでサービスメッセージを送信するときは、サービスメッセージを送信するAPIを利用します。
APIが成功すると、LINEプラットフォームから、エンドユーザーのService Messageトークルームにメッセージが送信されます。

デモを見る

お手持ちのスマートフォンでデモを見ることができます。QRコードを読み取ると、デモアプリを利用できます。

デモアプリでは、皆さまのLINEアカウントの「プロフィール情報(表示名、プロフィール画像のURL、ユーザーID)」を取得しますが、この情報はサーバーには保存されません。
上記をご理解のうえ、ご利用ください。

名刺
LINE公式アカウント:LINE Use Case-LIFF
QRコードを利用したLINE Front-end Framework(LIFF) の動作イメージ 詳細をみる(名刺)

サンプルソースコードダウンロード

・AWS Serverless版 ※近日公開

LINE APIを使ったユースケース

お店の予約も、LINEから デモアプリ

お店の予約も、LINEから

予約アプリをLIFFアプリで実装できます。

手間がかかる会員登録も、アプリのダウンロードも不要に。Messaging APIによるリマインド通知で来店忘れも防止します。

詳細をみる
テーブルオーダーをスムーズに デモアプリ

テーブルオーダーをスムーズに

ユーザーが自分のスマホを使ってテーブルで商品の注文と会計を行う、テーブルオーダーアプリを実現できます。

注文のために定員を呼んだり、レジに並んだりする必要なし。会計も自分のスマホで完了。注文時の都度決済にも、退店時の一括決済にも対応可能です。

詳細をみる
会員証もカンタン発行 デモアプリ

会員証もカンタン発行

個人情報の入力なしでオンライン会員証を発行するアプリを実装できます。

権限の付与に同意するだけで素早く会員証を発行。電子レシートの送付も可能。後追いメッセージを送信してリピート顧客増加。

詳細をみる
自治体でも使われています デモアプリ

自治体でも使われています

自治体と市民のコミュニケーションを助けます。

市民の欲しい情報にあわせた情報配信、チャットボットによる「よくある問い合わせ」への即時回答、市民からの通報の受付などを可能にし、自治体のDXをサポート。

詳細をみる

LINE APIによる開発事例

【LIFF】
LINE Front-end Framework(LIFF)を活用したLINE APIによる開発事例紹介(ロクシタンジャポン株式会社) LINE for Business

「LINE Front-end Framework(LIFF)」による「デジタル会員証」で実現した顧客体験の最適化

ロクシタンジャポン株式会社
LINE Front-end Framework(LIFF)を活用したLINE APIによる開発事例紹介(東急株式会社) classmethod AWS

LINE活用One to Oneマーケティング
開発・運用コストを抑えたデジタル顧客接点作り

東急株式会社
【LINEミニアプリ】
LINEミニアプリを活用したLINE APIによる開発事例紹介(株式会社パル) classmethod AWS

「5秒で会員証」LINEミニアプリで繋がりやすい導線設計を

株式会社パル