LINE API Use Case

LINE Pay

LINE Payは、LINEユーザーが加盟店で利用できる決済サービスです。
オンラインショッピングサイトでLINE Payを利用できるようにする「Online API」と、リアル店舗で利用するPOSシステムでLINE Payを利用できるようにする「Offline API」の2種類があります。
このページでは、Offline APIを紹介します。
Offline APIでは「一般決済」が利用でき、Online APIでは「LINE Checkout」と「自動決済」が利用できます。

決済方法 説明
一般決済 最も基本的な支払い方法です。リアル店舗のPOSシステムでLINE Payをご利用いただけるAPIです。
LINE
Checkout
「一般決済」と同様の支払い方法を利用できます。
さらに、商品を配送する際などに、エンドユーザーが「LINE Profile+」に登録した氏名、電話番号、住所などをユーザーの同意の上でサービスが取得できる方法です。
自動決済 初回に「一般決済」と同様の支払い方法を選択し、2回目以降は自動的に決済する方法です。

決済方法に関わらず、エンドユーザーは、LINE Pay残高、クレジットカード、銀行口座振替、LINEポイントのいずれかの方法で支払うことができます。

エンドユーザー視点でのメリット

LINE Pay エンドユーザー視点でのメリット スムーズなお買い物

スムーズなお買い物

スマホさえあれば簡単、スムーズに買い物ができます。
リアル店舗なら、スマホでコードを表示したり、お店のコードをスマホで読み取ったりするだけで、支払いが完了します。
オンライン加盟店なら、決済手段としてLINE Payを選択し、お届け先などを確認し注文を完了すれば、あとは商品の配送を待つだけです。
詳しくは、「おサイフいらずでスマートにお支払い」を参照してください。

LINE Pay エンドユーザー視点でのメリット ネットショッピングにおける様々なストレスからの解放

ネットショッピングにおける様々なストレスからの解放

LINE Payを、Messaging APIやLIFFアプリ、LINEミニアプリと組み合わせることで、エンドユーザーを様々なストレスから解放できます。
たとえば、商品を購入したいエンドユーザーが直面するストレスを挙げてみましょう。

  • ログインや会員登録のため、改めてブラウザを起動してほかのサイトに移動しなければいけない
  • キーボードを表示して名前や住所を入力しなければいけない
  • サイトの安全性を確認してからクレジットカードの情報を間違いなく入力しなければいけない

このような様々なストレスからエンドユーザーを解放して、スムーズに商品を購入してもらうためには、LINE Payはピッタリの解決策です。

サービス提供者視点でのメリット

LINE Pay サービス提供者視点でのメリット ユーザーの離脱率を軽減

ユーザーの離脱率を軽減

LINE公式アカウントやLIFFアプリ、LINEミニアプリに、LINE Payによる決済機能を持たせることができます。
LINE公式アカウントで販促メッセージを送信するところから、LIFFアプリやLINEミニアプリで商品を選択させ、LINE Payでの決済が終了するまでを、スムーズにエンドユーザーに提供できます。
スムーズなUXを提供することで、画面が切り替わるタイミングや文字を入力するタイミングで、エンドユーザーが離脱する可能性をより小さくすることが期待できます。

LINE Pay サービス提供者視点でのメリット ユーザー情報の利用

ユーザー情報の利用

LINE Checkoutに対応することで、事前にエンドユーザーがLINE Profile+に登録した氏名や住所などのユーザー情報を、同意を元に決済時に利用できます。
ユーザーが都度情報を入力する手間から生じる機会損失を防ぐことが期待できます。

LINE Pay サービス提供者視点でのメリット 決済時にLINE公式アカウントの友だち追加

決済時にLINE公式アカウントの友だち追加

LINE Pay決済時にユーザーが特別な操作をせずに、サービス提供者が用意したLINE公式アカウントの友だち追加をうながすことができます。
ユーザーとのコミュニケーションチャネル/アプリとしてのLINE公式アカウントを、ユーザーにストレスを与えることなくスムーズに提供できます。

イメージ図

LINE Payのイメージ図
LINE Payサーバー、アプリケーションサーバー、LINEアプリの3つが連携して決済を処理します。

デモを見る

お手持ちのスマートフォンでデモを見ることができます。QRコードを読み取ると、デモ用のLINE公式アカウントを友だち追加できます。続けて、LINE公式アカウントのリッチメニューから、LINE Payのデモサイトにアクセスできます。

本デモアプリが用意したLINE Pay残高から決済が行われます。実際の決済手段の選択および決済は行われません。

LINE Pay
LINE公式アカウント:LINE Use Case-Pay
QRコードを利用したLINE Payの動作イメージ 詳細をみる

サンプルソースコードダウンロード

・AWS Serverless版 ※近日公開

APIリファレンス(LINE Pay Developers)

LINE APIを使ったユースケース

テーブルオーダーをスムーズに デモアプリ

テーブルオーダーをスムーズに

ユーザーが自分のスマホを使ってテーブルで商品の注文と会計を行う、テーブルオーダーアプリを実現できます。

注文のために定員を呼んだり、レジに並んだりする必要なし。会計も自分のスマホで完了。注文時の都度決済にも、退店時の一括決済にも対応可能です。

詳細をみる

プロダクト事例

LINE Payを活用したプロダクト事例紹介(サントリー食品インターナショナル株式会社) LINE for Business

LINEでモバイルオーダーが完結!「TOUCH-AND-GO COFFEE」のCXデザインとは

サントリー食品インターナショナル株式会社