LINE API Use Case

チャットボット(Messaging API)

Messaging APIは、あなたのサービスが用意したLINE公式アカウントで、LINEユーザーとコミュニケーションをとるためのAPIです。
Messaging APIを利用することで、あなたが用意したサービスをLINEのトークルームで提供できます。

エンドユーザー視点でのメリット

チャットボット(Messaging API) エンドユーザー視点でのメリット 使い慣れたLINEのトークルームでサービスを利用可能

使い慣れたLINEのトークルームでサービスを利用可能

エンドユーザーは使い慣れたLINEのトークルームで、さまざまなサービスを利用できます。エンドユーザーからサービス側に意図を伝えるための方法は、LINEトークルームで文字を入力するだけではありません。 画像や位置情報を送信したり、トークルーム下部に表示されるボタン(クイックリプライボタン)を選択したりして、意図を伝えることができます。

サービス提供者視点でのメリット

チャットボット(Messaging API) サービス提供者視点でのメリット レスポンス率の向上

レスポンス率の向上

サービスが送信するメッセージのデザインを工夫して、カルーセル形式で表示したり、★でオススメ度を表示したりするなどの工夫によって、ユーザーのレスポンス率の向上が期待できます。

チャットボット(Messaging API) サービス提供者視点でのメリット 細やかなコミュニケーションをスピーディに

細やかなコミュニケーションをスピーディに

Messaging APIを利用して、エンドユーザーごとに細やかなサービスを提供できます。
本格的なサービスを提供する前の、事前問診やアンケートなど、オペレーターが対応する必要が無いような基本的なやりとりは、Messaging APIを使いましょう。
オペレーターと比べて圧倒的に高速に、また正確に、そして同時に何人ものユーザーとコミュニケーションをとることができます。

チャットボット(Messaging API) サービス提供者視点でのメリット 送信対象を絞った効率的なメッセージ配信

送信対象を絞った効率的なメッセージ配信

LINE公式アカウントを友だち追加したエンドユーザーに、任意のタイミングでメッセージを送信できます。
メッセージを送信する対象にあわせて、プッシュメッセージ(1対1)、マルチキャストメッセージ(1対多)、ナローキャストメッセージ(1対多:複雑な条件を指定した絞り込み配信)、ブロードキャストメッセージ(1対多:すべての友だち)を利用できます。
たとえば、商品を購入したエンドユーザーにのみ特別なメッセージを送信するには、プッシュメッセージやマルチキャストメッセージを利用しましょう。
年代や地域を指定してメッセージを送信するには、ナローキャストメッセージがオススメです。

イメージ図

  1. ① エンドユーザーが送信したメッセージは、LINEプラットフォームに届きます。
  2. ② LINEプラットフォームから、ボットサーバーのWebhook URLにメッセージ(Webhookイベント)が送信されます。
  3. ③ Webhookイベントに応じて、LINEプラットフォームに用意されているREST APIを利用して、ボットサーバーからエンドユーザーにメッセージを送信します。

デモを見る

お手持ちのスマートフォンでデモを見ることができます。QRコードを読み取ると、デモ用のLINE公式アカウントを友だち追加できます。

デモ用のLINE公式アカウントには、端末の「位置情報」を送信する機能があります。なお、この情報はサーバーには保存されません。「位置情報」を送信する機能を希望しない場合は、ご利用の端末の「位置情報共有」をOFFにしてからご利用ください。
上記をご理解のうえ、ご利用ください。

Messaging API
LINE公式アカウント:LINE Use Case-msg
QRコードを利用したチャットボット(Messaging API) の動作イメージ 詳細をみる

サンプルソースコードダウンロード

・AWS Serverless版 ※近日公開

ドキュメントおよびAPIリファレンス(LINE Developers)

LINE APIを使ったユースケース

お店の予約も、LINEから デモアプリ

お店の予約も、LINEから

予約アプリをLIFFアプリで実装できます。

手間がかかる会員登録も、アプリのダウンロードも不要に。Messaging APIによるリマインド通知で来店忘れも防止します。

詳細をみる
テーブルオーダーをスムーズに デモアプリ

テーブルオーダーをスムーズに

ユーザーが自分のスマホを使ってテーブルで商品の注文と会計を行う、テーブルオーダーアプリを実現できます。

注文のために定員を呼んだり、レジに並んだりする必要なし。会計も自分のスマホで完了。注文時の都度決済にも、退店時の一括決済にも対応可能です。

詳細をみる
会員証もカンタン発行 デモアプリ

会員証もカンタン発行

個人情報の入力なしでオンライン会員証を発行するアプリを実装できます。

権限の付与に同意するだけで素早く会員証を発行。電子レシートの送付も可能。後追いメッセージを送信してリピート顧客増加。

詳細をみる
自治体でも使われています デモアプリ

自治体でも使われています

自治体と市民のコミュニケーションを助けます。

市民の欲しい情報にあわせた情報配信、チャットボットによる「よくある問い合わせ」への即時回答、市民からの通報の受付などを可能にし、自治体のDXをサポート。

詳細をみる

プロダクト事例

会員証機能を活用したプロダクト事例紹介(ロクシタンジャポン株式会社) LINE for Business

デジタル会員証でLINE連携約100万人!セグメント配信でEC売上がUPしたロクシタンのCRMマーケティング

ロクシタンジャポン株式会社
手間がかかる会員登録も、アプリのダウンロードも不要に LINE for Business

コンタクトレンズ自動販売機「Touch & Collect」で提供するJINSの新たな顧客体験

株式会社ジンズ