LINE API Use Case
LINE API Use Case

AI活用型オンデマンドバス「のるーと」のLINEミニアプリ活用事例 | LINEミニアプリを活用し予約から乗車までより快適でスマートに!

システムの解説

Spare Labs社の配車・運行管理システムは、APIが提供されており外部アプリケーションとの柔軟な連携が可能です。アプリケーションの実行プラットフォームとしては、MicrosoftのクラウドサービスであるMicrosoft Azureを採用。Microsoft AzureのVirtual Machines(仮想サーバー)とAzure Storage(ストレージサービス)を活用することにより、ビジネスの成長とともに適切なスケールアップを実現し、コスト効率を最適化することが可能です。さらに、Azure Cache for Redis(インメモリデータストア)を用いることで、アプリケーション内のデータ読み書きの高速化が可能となり、全体のパフォーマンス向上を実現します。また、ユーザーエンゲージメントの強化には、LINEとLINE API(LINEミニアプリ、Messaging API)を活用。これにより、アプリケーションやサービスをユーザーに対して効率的に提供することが可能となります。

ユーザー導入事例関連リンク

利用しているAPIのリンク

Microsoft Azureを活用した他ユーザー導入事例