LINE API Use Case

LINE Social Plugins

LINE Social Pluginsは、自社サービスに「LINEで送る」「友だち追加」「いいね」ボタンを追加できるサービスです。
ウェブサイトのコンテンツをLINEで簡単にシェアしてもらったり、LINE公式アカウントを友だち追加してもらったり、サービスを普及させるために利用してください。

エンドユーザー視点でのメリット

LINE Social Plugins エンドユーザー視点でのメリット [LINEで送る]ボタン

[LINEで送る]ボタン

ウェブサイトを利用中、シェアしたいコンテンツが見つかったときに、[LINEで送る]ボタンを押して、グループチャットや友だちを選択するだけで、コンテンツをシェアできます。
シェアしたいコンテンツのスクリーンショットやURLを準備したり、LINEを開いたり、といった面倒な操作を大幅に減らすことができます。

LINE Social Plugins エンドユーザー視点でのメリット [友だち追加]ボタン

[友だち追加]ボタン

気に入ったサービスや店舗のLINE公式アカウントを、すぐに友だち追加できます。
インターネットで検索して必要な情報を探すよりも、友だち追加したLINE公式アカウントを利用するほうが、サービスや店舗に関する情報を、より多く簡単に手に入れることができるでしょう。

LINE Social Plugins エンドユーザー視点でのメリット [いいね]ボタン

[いいね]ボタン

ウェブサイトを利用中、気に入ったコンテンツが見つかったときに、[いいね]ボタンを押すだけで、簡単にコンテンツにリアクションできます。
また、[いいね]ボタンの横に表示された[友だち追加]ボタンを押すと、そのコンテンツに関連があるLINE公式アカウントを、すぐに友だち追加できます。

サービス提供者視点でのメリット

LINE Social Plugins サービス提供者視点でのメリット [LINEで送る]ボタン

[LINEで送る]ボタン

[LINEで送る]ボタンを設置すれば、信頼性の高いLINEの友だちネットワークを使って、ウェブサイトのコンテンツを広く拡散し、より多くのエンドユーザーに訪問してもらうことが期待できます。
[シェア数]をオンにすると、コンテンツがシェアされた回数を簡単に把握できます。

LINE Social Plugins サービス提供者視点でのメリット [友だち追加]ボタン

[友だち追加]ボタン

LINE公式アカウントの友だちが増えることは、そのままサービスのターゲット顧客が増えることを意味しています。
LINE公式アカウントの友だちを増やして、より多くのターゲット顧客にメッセージが届くことが期待できます。

LINE Social Plugins サービス提供者視点でのメリット [いいね]ボタン

[いいね]ボタン

ウェブサイトのコンテンツへの「いいね」リアクションを集めることができます。
また、[いいねと友だち追加]タイプのボタンを設置すると、そのコンテンツに関連があるLINE公式アカウントを、エンドユーザーが友だち追加できます。運用中のLINE公式アカウントの友だちが増えることが期待できます。

イメージ図

LINE Social Pluginsのイメージ図
  1. ① エンドユーザーがLINE Social Pluginsボタンが設置されたウェブページにアクセスします。
  2. ②③ 各ボタンコードがLINE Social Plugins SDKを通じて動的にウェブページに読み込まれ、ボタンが表示されます。
  3. ④ エンドユーザーが[LINEで送る]ボタンをクリックすると、LINE Social Pluginsページにリダイレクトされます。
    エンドユーザーは、LINEログインを行う必要があります。
  4. ⑤ 友だちと共有します。

デモを見る

このページ(LINE API Use Case)の下部に、[LINEで送る]ボタンを設置しています。ぜひお試しください。
また、LINE Developers(LINE Social Plugins)で、ガイドや概要などの詳細を確認できます。