LINE API Use Case

予約電話をもっと快適に

店舗スタッフの代わりにLINE AiCallが電話予約に対応します。LINE AiCallを利用すれば、店舗売上に直結する予約管理業務の自動化を、強力に推進できます。

  • 店舗が最も忙しい時間帯でも、深夜でも、電話予約はLINE AiCallが対応します。
  • ウェブ予約では説明できないような具体的な要望を抱いているときでも、LINE AiCallなら柔軟に対応できます。

※LINE AiCallで対応できないことがあれば、スムーズにスタッフにつながります。

POINT

  1. 1. 365日24時間、電話予約が可能
  2. 2. いざというときはスタッフにつながる
  3. 3. いつでも予約内容を確認可能
  4. 4. 最低限の人員で最大限の効果が期待できる
  5. 5. 予約対応改善による店舗オペレーションへの集中が可能
  6. 6. ネットと電話の強みを融合

エンドユーザー視点でのメリット

電話予約機能 エンドユーザー視点でのメリット 365日24時間、電話予約が可能

365日24時間、電話予約が可能

いつでも待たされることなく電話で予約できます。ウェブ予約よりも電話予約を好むユーザーも、人間味あふれる自然な会話を通じてスムーズに予約できます。LINE AiCallが応対するので、お店のスタッフがどれだけ忙しくても待たされることはありません。

電話予約機能 エンドユーザー視点でのメリット いざというときはスタッフにつながる

いざというときはスタッフにつながる

もしLINE AiCallが対応できないやりとりが発生した場合も、スタッフにつながるのでスムーズに予約できます。
※スタッフの対応件数が増えた場合や、深夜など、待ち時間が発生することや、スタッフにつながらないことがあります。

電話予約機能 エンドユーザー視点でのメリット いつでも予約内容を確認可能

いつでも予約内容を確認可能

LINE公式アカウントやSMSで予約内容を確認できます。

サービス提供者視点でのメリット

電話予約機能 サービス提供者視点でのメリット 最低限の人員で最大限の効果が期待できる

最低限の人員で最大限の効果が期待できる

ウェブ予約では表現できないような細かな要望も、LINE AiCallがしっかり受け付けます。

  • 365日24時間、電話予約を受け付けられるため、時間帯による機会損失の低減が期待できます。
  • 従来、店舗スタッフが応対する必要があった電話予約もLINE AiCallに任せることで、店舗スタッフが対応する機会の減少が期待できます。
  • 店舗スタッフごとの対話スキルに依存せず、安定した応対が可能です。

※LINE AiCallで対応できないことがあれば、スムーズにスタッフにつながります。

電話予約機能 サービス提供者視点でのメリット 予約対応改善による店舗オペレーションへの集中が可能

予約対応改善による店舗オペレーションへの集中が可能

店舗スタッフは、本来注力すべき店舗オペレーション、顧客対応などの業務に専念できます。

電話予約機能 サービス提供者視点でのメリット ネットと電話の強みを融合

ネットと電話の強みを融合

電話予約の情報も、デジタルの予約台帳として一括管理するシステムを構築できます。電話で受け付けた内容を、店舗スタッフが入力する手間も省けます。

イメージ図

ユーザーの音声を「音声入出力」で受けて「音声認識」を行い、ユーザーの音声をLINE AiCallが処理できる形(文字データ)に変換します。 次に、文字データを「自然言語処理」し、「Chatbot」で返答内容を作成します。

LINE AiCallが適切な返答内容を作成できた場合は、返答内容を「音声合成」を行いユーザーに聞かせます。

シナリオ外の特殊な応対が必要になった場合など、LINE AiCallが適切な返答内容を作成できない場合は、スムーズに「オペレーター」につなぎユーザーと直接対話をします。

プロダクト事例

電話予約機能を活用したプロダクト事例紹介(エビソル)

ヒトと会話しているような自然な音声で予約電話に応対

エビソル(ebica)